採用情報

用語集

非可逆圧縮



データ圧縮方式のうち、圧縮符号化の過程でデータの一部の欠落や改変を許容することで極めて効率よく圧縮する手法であり、保存し直すたびに画質が劣化してしまう画像形式のことです。
メリットとして、人間にほとんど違いがわからない程度の改変でも劇的に圧縮率を高めることができるという点があげられます。画像や動画、音声など、データ上の細部が僅かに異なっていても人間の視聴覚には違いが気付きにくいため、画像や動画などの圧縮形式の多くが非可逆圧縮を採用しています。(例)jpgなど


反対語:可逆圧縮(データ圧縮方式の1つで、圧縮符号化の過程で元のデータを一切毀損せず、完全に元通りに復元できるように圧縮する手法)



サイト制作で何かお困り事がありましたら豊島区のデザイン・システム会社のブルートラストへお気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせはこちらのフォームをご利用ください。